HOME > 安心できる塗装業者を選ぶ方法 > 業務形態による違いを知る!同じ塗装業でも中身は全然違います。

業務形態による違いを知る!同じ塗装業でも中身は全然違います。

見積もりを依頼する際に注意するべきことがあります。それは、見積もり会社の業務形態です。会社によっては、施工を下請けに回し、中間マージンを施工金額に上乗せし施主様に請求します。そのため、自社で一貫して施工管理をおこなう業者よりも施工金額は高くなります。

また、いざ現場に下請け業者がくると、元請けが提案した施工内容では塗料や作業工程が足りず、しっかりとした施工ができない場合があります。そのため、場合によっては塗料を薄めたりして手抜き工事をしなければ全体を塗装できない状態になります。

このように、下請けに仕事を回す会社だと、施工する側と現地調査をした会社では建物の診断が異なる場合があり、施工金額は高くて品質が低い工事になってしまう可能性があります。そのため、現地調査と施工管理を一括で請け負う業者に依頼をすることで、外壁塗装で失敗することは少なくなります。

様々な業務形態による違い

見積もりを請け負う会社は、ハウスメーカー、工務店、総合リフォーム店、塗装専門店などあります。最近では、ガス会社、家電量販店、ショッピングセンター、ホームセンターなど、外装とはかけ離れているような会社からも見積もりをとることもできます。

オススメの見積もり先は、塗装専門店です。中間マージンが発生しせず自社職人で塗装するため、施工品質は高く、金額も安く施工することができます。

ハウスメーカー

家を建てる際に依頼するイメージの会社ですが、外装から内装のリフォームまで手掛けています。テレビやラジオのCM、チラシなどの広告に多額の費用を費やしているため、安心感があり認知度も高いですが、その分中間マージンの金額も高いです。

施工を管理をしている会社もいますが、施工を下請けに丸投げするような会社もあるので注意が必要です。

工務店

専門工事業者をまとめて管理する会社です。ハウスメーカーと同じで、家の建築から外装、内装のリフォームまで幅広く施工を請け負ってくれます。地元に密着した営業をしているため、施工後のアフターサービスの早さがハウスメーカーと比べて充実しています。ハウスメーカーほどの中間マージンは発生しませんが、ハウスメーカーに次いで施工金額は高いです。

総合リフォーム店

外装や内装のリフォームを請け負っている会社です。自社で施工をおこなっている業者もいますが、営業を主体とし、施工は下請けに回す会社もあります。訪問販売でくる会社は、主に総合リフォーム店が多いです。 自主施工管理の会社の場合は、中間マージンなどの費用も発生しないので、施工金額が以上に高くなることはありません。

塗装専門店

自社で施工管理をおこなっているため、中間マージン等の費用は一切発生しません。また、現地調査も外壁塗装に詳しい職人、営業スタッフが対応してくれるので、下請け業者に回す会社とは違い、営業担当と職人の言い分が食い違うこともありません。そのため、施工の品質も高く、なおかつ金額も安く施工することができます。

塗装専門店の見分け方は、まず会社のホームページを見ます。次に会社概要など、会社の住所や電話番号が書かれているページを見ます。そのページに、「1級建築塗装技能士」などの塗装に関しての資格や、「○○(塗料名)取扱提携施工店」などの記載があれば、塗装専門店の可能性が高いです。

ガス会社、家電量販店、ショッピングセンター、ホームセンターなど

最近では、色々な会社で外壁塗装の見積もりができます。ですが、自社職人を抱えていないことが多いため、施工は下請け業者がおこないます。

チラシやインターネットでパック料金が掲載されている場合は注意が必要です。一見安く見えますが、建物によって劣化状況や塗装面積が異なります。また、付帯部に使用する塗料や塗る回数、目地部分のコーキングは打ち増しか打ち変えかなどの内容で金額も上下します。そのため、現地調査をしてもらい、詳しい施工内容を提示されたうえで比較検討することをオススメします。

自社施工と外注施工について

自社施工の業者でも、1部施工を外注に依頼することがあります。外注に依頼すると施工の質が下がるのではないかと不安になりますが、基本的にどの業者も外注に依頼することがあります。

例えば、仮設足場の設置です。ほとんどの業者は、足場を自社で保有していないので、足場の専門業者に依頼します。そうすることで、素早く強固な足場と、その後の作業の安全性が確保されます。

外壁屋根の張り替えなどのリフォーム工事なども、専門業者に任せた方が業務の効率化や施工品質が期待できます。自社職人で施工した場合に発生する人件費よりも、外注に依頼するほうが安く工事できる場合があるからです。

外注に依頼するならハウスメーカーや工務店に依頼した場合と変わらないと思うかもしれませんが、塗装工事は自社で施工するため、全ての作業を下請けに回して中間マージンが発生するハウスメーカーや工務店よりも、施工金額は安く済ませることができます。

外注に依頼する場合がある施工一覧
・仮設足場の設置
・防水工事
・シーリング工事
・大工、左官工事
・外壁のカバー工法、張り替え
・屋根のカバー工法、葺き替え

これを言われたら注意!訪問販売の手口

訪問販売の業者から見積もりをとるのはあまりオススメしません。全ての訪問販売の業者が悪いという訳ではありませんが、注意が必要です。訪問販売の下記のような対応に注意しましょう!

・この地域で宣伝のために、モニター価格で安くすると言われた。
・本日中に契約すれば値引きすると言われた。
・耐久年数が30年以上持つオリジナル塗料と言われた。
・見積書の金額から50万円以上の値引きを受けた。
・外壁のみの塗装で金額が100万円を超えている。
・足場代は無料にすると言われた。
・すぐに施工しないと大変なことになるなど、不安を煽られた。

訪問販売は、基本的に営業会社が行っているので、仕事を受注だけして下請けに丸投げすることが多いです。中間マージンも高く、ハウスメーカーや工務店などと違い、施工管理も一切しない場合もあるので、品質の高い施工になる可能性は低いです。

見積書の施工内容なども適当に見繕う場合が多く、塗装面積が大きすぎたり、使用する塗料も一般住宅の外壁塗装には行き過ぎた高級な塗料を提案し契約をしようとします。また、施工を始めてから追加工事を勧められることもあり、最初は安いと思った金額でも、結果的に通常ではありえない金額まで膨れてしまうケースもあります。

そのため、訪問販売から見積もりをとった場合はすぐに契約せず、2社~3社から見積書を手配して、相見積もりすることをオススメします。見積書の提出まで、約1週間~2週間前後の時間がかかりますが、数量も正確で、かつ金額も安くすることができます。

万が一契約してしまった場合は、契約して8日以内ならクーリングオフ(契約解除)することができます。クーリングオフする際は、必ず書面でクーリングオフする旨を契約会社に連絡しましょう。

ページトップへ戻る